アートテンも認めた30年産新米ついに販売開始
農業 2018/09/28/ 20:43:16

平成30年の新米が無事に収穫できました。試食してみると、今年のお米もとても美味しいのです。この新米のエネルギーはどれくらいあるのかと思い、生命エネルギー値の測定をアートテン農法を主宰する(株)J-ATIへ依頼しました。

 

食材の生命エネルギーの測定にはボービスメータ方式が採用されています。単位はBU(ボービスユニット)

これは、妖精が舞う農場と言われるオランダのヤープ農場のヤープバッカ博士が考案された、あらゆる生命エネルギーを測る評価基準です。私たちの身体を健康に保つために必要な生命エネルギー値は7,000~8,000BUと定義されています。

  

       0~3,000 病気レベル

3,000 ~6,500 不健康レベル 

6,500 ~7,000 自然レベル

7,000 ~8,000 健康レベル

13,500 ~    高エネルギーレベル 

30,000~    アートテンブランド認定

 

私たちは普段2,000~4,000BUレベル(有機栽培でも7,000BU程度)の食材を食べているとのことです。このように生命エネルギー値の低い食材を食べ続けていると、体の生命エネルギー値は30,000BUを下回り、体調を崩したり、病気の発生へとつながります。人間が食べて健康価値に値する食材は、安全で生命エネルギーの高いものでなければなりません。

病気を防ぐためにも、生命エネルギー値が8,000BU以上の食材を摂り続けるよう心がけ自身の身体を健康に保つ必要があります。

こうした値は、欧米型のカロリー計算では出てきません。

 

今回、生命エネルギー値の測定依頼したお米は、天緑米、こだわり栽培米、ふるさと米、の3品です。

 

測定依頼した日から、約1週間後に連絡がありました。

測定結果は、なんと3品全て164,000BUの生命エネルギー値を満たしているとのことです。

 

このような生命エネルギーの高いお米を食べていると、とても元気になってしまうと思ってしまいます。是非、このお米を召し上がっていただければ幸いです。

そして、あなた様の健康の一助としてお役に立てれば大変うれしく思います

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。